いつ連絡がきても慌てなくていいように

ビル

葬儀を予定に組み込むことはできません。
いつも急に連絡がきます。
もちろんですが、日時は問いません。
連絡を受けて慌てることも多々あるでしょう。
お通夜の場合、喪服を着ていかなくてはいけないと言うわけではありません。
むしろ、喪服で行くのはあまりよくないとされています。
しかし、これは最近ではあまり気にされなくなりました。
平服でうかがう場合は、明るい色調の服は避けましょう。
地味で暗い色のものがベストです。
女性の場合は、アクセサリーなどは外していきましょう。
ただし、結婚指輪は外さなくてもマナー違反とはされません。
急に連絡がきても慌てなくていいように、会社のロッカーに黒ジャケットや黒のネクタイを用意しておきましょう。
女性なら黒のカーディガンや黒のスカーフです。
こう言うものを準備しておくのは縁起が悪いとされる時代もありました。
しかし、近年ではきちんと準備しておくことが大事と考えられるようになってきています。

ビル