華やかな衣装のものや笑顔が好まれる遺影

ビル

お葬式の簡素化、簡易化が進んでいると言われています。
よりシンプルで故人らしさが優先され、遺族の意志が尊重されるようになりました。
お葬式は故人との別れの場であるので、悲しいことに変わりはありませんが、故人を偲ぶ場としてとらえることで、新しいスタートの日にすることができるそうです。
そのため、遺影も故人の人となりがより偲ばれるものを選ぶようになってきました。
以前であれば歯が見えるような笑顔がいけないと言われていたり、普段着も良くないとされていたようです。
そのため、ふさわしい写真が見つからない場合には、合成をしてふさわしい遺影を作っていたこともありました。
最近ではその傾向はなくなってきており、より自然な表情のものが好まれています。
洋服も華やかで、笑顔のものを選ぶ遺族も多くいます。
故人が亡くなったばかりのときに生前の姿を回想するのはつらいことかもしれません。
しかし、故人の人柄を偲びながら写真を選ぶという作業は、悲しみを緩和させていくうえで大切なものだと考えられています。

ビル